成澤菜園

自然豊かな那須の大地で作る有機無農薬野菜のあれこれ話。

2007年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

唐辛子の収穫。

冬の到来がもう間近とは言え、日中はポカポカと暖かです。
そんな日は縁側作業をしているととっても幸せな気分になります。
今日は、唐辛子を収穫したので、葉を取ったり、完熟した赤色のと、完熟前の緑のとを選別する作業をしました。
071031-2.jpg

奥の丸いザルは、一足早く収穫し始めていたて韓国唐辛子です。だいぶ乾燥が進み、いい感じになってきました。完全に乾いたら、ミルで粉引きします。
粉引きにしたら、韓国唐辛子は自家製キムチ作りに入れたり、韓国風鍋に入れたりします。和唐辛子は一味としてうどんや蕎麦に。
手間も時間もかかるけど、楽しい作業です。
スポンサーサイト

| 成澤菜園の野菜の話 | 12:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紅ピクルス。

071029-1.jpg

赤い色した、日野菜カブや、赤カブ、紅芯大根を使ってピクルスを漬けました。
酢漬けにすると、赤色が漬け液に移り、白いカブや大根も次第に赤色に染まります。
まるで着色料を使ったような、それはそれは鮮やかな色です。
これから時々食卓に上り、彩りを添えてくれます。
楽しみ、楽しみ♪

| 成澤菜園の野菜の話 | 14:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紅芯大根(こうしんだいこん)

ちょっと珍しい大根の仲間の"紅芯大根"です。
中国原産の大根で、中国やタイなどではベジタブルカービングでよく使われています。
最近はイタリアでもサラダ等によく使われるとか。

外側は中の紅色がうっすら透けて、絵本に出てくるピンク色のこぶたちゃんのイメージ。(ブヒッ♪)
071028-1.jpg


切ると中はこんな美しい紅色。
このきれいな紅色は加熱するとなくなってしまうので、生のままサラダや、浅漬けに向いています。酢漬けにすると全体が赤く染まって美しいです。
おろしにするとかわいいピンク色に。
071028-2.jpg


味は、辛すぎず、パリパリおいしく食べられます。
071028-3.jpg


ようやく間引きも終わり、販売所に並べています。

| 成澤菜園の野菜の話 | 14:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大根とかぶ。

071024-1.jpg

大根とかぶの間引きがようやく終わり、こんなに大きく成長しました。(パチパチ...)
おでんに、煮物に、サラダに、漬け物に...、これから続く冬の間、あの手この手でおいしく食べます(^^)
真ん中の赤カブはまだ間引きです...

明日、10/25(木)の販売所はお休みさせて頂きます。

| 成澤菜園の野菜の話 | 21:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の販売所。

朝イチで写真を撮ったのに、こんな時間の更新となってしまいました...
今日の販売所はこんな感じでした。
秋冬のおいしい葉ものがだいぶ増えました。
071019-4.jpg


今日初登場の白菜です。
有機無農薬で作る白菜はおいしさがぐっと際立ちます。
もちろん鍋物にはなくてはならない存在ですが、お鍋は冬のもっと寒い時期にとっておいて、リンゴと一緒に千切りにしたサラダは格別です(^^)
071019-1.jpg


こちらも鍋物の定番の春菊ですが、ベーコンと春菊のパスタはとってもおいしく、この時期に我家の定番メニューです。 ぜひお試しください♪
071019-3.jpg

| 成澤菜園の野菜の話 | 17:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お休みのお知らせ


明日(10/18)の販売所はお休み致します。

| 成澤菜園の野菜の話 | 17:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

間引き菜の浅漬け

今、販売所ではいろんな間引き菜が並びます。
青首大根、漬け物大根、ビタミン大根、紅芯大根、ひの菜かぶ、白かぶ、赤かぶetc。
間引き菜を出し始めた頃はまだ実も小さく、葉の部分を食べてたけど、日に日に実も大きくなり、最近ではそろそろ"間引き"の名を返上か?くらいに育ってきました。

その小さな柔らかい実を使って浅漬けを作りました。
071015-1.jpg
奥は、切らずに丸ごと、塩、砂糖、ハチミツ、酢、昆布で漬けた浅漬け。
手前は、薄くスライスして、赤みのあるきれいな茎もちょっと入れて、シンプルに塩だけで。
辛みのあるもの、甘味のあるもの、歯触りがシャキッとするもの、柔らかいものが口の中でおいしく広がります。
浅漬けを作る時はいつも塩加減はかなりアバウト。作る度に味が違って、おいしかったり、ビミョーだったり...
薄味だったらしょう油を少し垂らし、しょっぱかったらごはんをモリモリ食べる。そんなこんなも楽しい食卓です(笑)

食卓に香の物があると、ちょっと幸せ(^^)

| 成澤菜園の野菜の話 | 11:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

苗たち。

071013-1.jpg

縁側でスタンバイ中の苗たちです。
種の時にどんな合図があるのか、みんな揃って芽を出し、みんな揃ってちゃんと南に向いています。
小さくても一生懸命大きくなろうとしている姿を見ると元気をもらえます(^^)
大きくな~れ!

| 成澤菜園の野菜の話 | 14:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の販売所。

今日、販売所に並べている野菜たちです。

071012-2.jpg
サニーレタスのレッドとグリーン。
まさに今が旬。 葉もやわらかくとてもおいしいです。

071012-1.jpg
間引き菜3種。
左から、ひの菜かぶ、赤かぶ、白かぶ。
この時期は葉もおいしく食べられます。

071012-4.jpg
左から、大根の間引き、小松菜、初モノの春菊。
どれも鍋に合います。

071012-3.jpg
奥から、ルッコラ、レッドマスタード、グリーンマスタード。
サラダのナイスな脇役たちです。

071012-5.jpg
奥は、ししとう。手前カゴは、完熟韓国唐辛子、ズッキーニ、ジャンボピーマン(パプリカ)。

071012-6.jpg
オクラとインゲンは、そろそろ終わりの時期を迎えます。

| 成澤菜園の野菜の話 | 12:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お知らせ

10/10、11は販売所をお休みさせて頂きます。
10/12より通常オープンします。

| 成澤菜園の野菜の話 | 09:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

老いも若きも、な食卓。

071004-1.jpg

旬の穫れたて野菜はもちろんおいしいけど、あの手この手の保存方法で冬にもちゃんとおいしく食べられる野菜もまた嬉しくおいしい。
昨日の食卓は、穫れたてレタス&きゅうりと去年作った穂紫蘇の塩漬けのポテサラ。
それから、1ヶ月ほど前に漬けたキュウリの甘辛漬け、一番奥は黒モチキビ(とうもろこし)をカラカラに乾燥させたものを水に戻してバター炒めしたもの。
トウモロコシの乾燥したものは初めて作って初めて食べたけど、これ、穫れたてとはまた違うおいしさ。なかなかいける♪

老いも若きも食卓にのぼります(^^)

| 成澤菜園の野菜の話 | 12:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9月4日は休みます。

9/4は、販売所をお休みします。
9/5からまた通常オープンします。
宜しくお願い致します。

| 成澤菜園の野菜の話 | 13:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大根葉。

071001-1.jpg

一週間ほど前から販売所に並べている「大根の間引き菜」です。
大きくなった大根の葉よりも柔らかく緑もやさしい色で、毎日見ていてもつい「おいしそ~♪」の声がもれてしまう...(笑)
我家の定番の食べ方は、戦時中の食糧難によく食べたと言われる「大根めし」。
戦時中のと比べるとお米の量が多く、かなり贅沢な(?)大根めしです。
しかも、今は新米の季節。 シンプルでどんなおかずでも相性グ~♪

大根めしの作り方。(家庭ごとに違うかも)
大根の葉を1cm間隔でざくざく切って、塩を振ってごはんが炊きあがるまで水気を出す。
ごはんは、塩とお酒を振り入れ、昆布を入れて普通に炊く。
炊きあがったごはんに水気を絞った大根の葉と、しらす(鮭フレークでも)を入れ、さっくり混ぜ、最後にゴマをぱらぱら振って完成。

これに焼さんまがあればサイコ~

| 成澤菜園の野菜の話 | 12:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。