成澤菜園

自然豊かな那須の大地で作る有機無農薬野菜のあれこれ話。

2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

≫ EDIT

販売所のひっこし。

思い起こせば、2年前の販売所オープン1週間前に、強風に煽られ後ろにひっくり返ってしまったこの販売所。
その後も那須おろしが吹く度にヒヤヒヤさせられましたが、2年間よくがんばってくれました。
今年の販売所再開では10mほど奥に引っ越します。
miniDSC_1281.jpg
2年間、お疲れさま。そしてありがとう!

| 成澤菜園の野菜の話 | 17:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

温床の育苗 -その後-

温床ですくすく育っている、トマト、ナス、ピーマン、唐辛子などの苗たち。
温床

これはトマトの二葉。
どれもとても元気です。
温床

本葉が出てきたら、ポットに移植します。
温床
トマトが食卓に上るまではまだまだ先の話です...

そして...
ブルーベリーの苗
冬の間に剪定したブルーベリーの枝を試しに挿し木しました。
うまく育つといいのですが... こちらもたのしみです。

| 成澤菜園の野菜の話 | 09:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

発芽一番のり。

温床で育苗が始まって3日目。一番最初に芽が出たのはルッコラでした。
minidnGNL.jpg
相談しあっているかのように、種類ごとにいつもちゃんと揃って発芽します。
けな気でかわいい二葉です。
他の種たちも今ごろ土の中で相談ぶっているかな...

| 成澤菜園の野菜の話 | 11:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

温床の温度。

その後。
翌日から温床温度がぐんぐん上がり、3日後の今日には温度計が52度を指しました。
ほぼこれで上がり切ったので、もう1~2日待って温度が30度くらいになり安定してきたら、種まきしたての育苗箱を温床の上に置いて発芽させます。
miniDSC_1170.jpg

| 成澤菜園の野菜の話 | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

踏み込み温床の作り方

那須にも遅い春の足音が聞こえてくる今日この頃。
そろそろ種まきの準備に入ります。
まずは苗を育てる踏み込み温床を作ります。

温床(おんしょう)とは>>>
苗を育てる際に必要な地温を得るため、微生物が有機物を分解する時に出る熱を利用する育苗方法。


我家の作り方をご紹介します。
まず、手頃なサイズの枠を組みます。
miniDSC_1058.jpg

その枠面に沿って稲藁を詰めていきます。
miniDSC_1063.jpg

稲藁の高さをきれいに切り揃えて枠が完成です。
毎年の作業。ずいぶんきれいにできるようになりました。
miniDSC_1070.jpg

その中へ、秋にかき集めてとっておいた落ち葉を敷き詰めます。
miniDSC_1119.jpg

その上へ菜種粕(なたねかす)を撒き入れ、
miniDSC_1121.jpg

米ぬかも撒き入れます。
miniDSC_1134.jpg

発酵を促すため水を撒きます。
miniDSC_1135.jpg

その作業(落ち葉+菜種粕+米ぬか)を4~5回繰り返します。
miniDSC_1139.jpg

そして「踏み込み温床」の云われでもある踏み込みをしっかり行います。
miniDSC_1141.jpg

これで完成!
miniDSC_1143.jpg

あとは地熱が上がるまで1週間ほど待ち、いよいよ種まきが始まります。

| 成澤菜園の野菜の話 | 23:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月